いつかの遺書

後悔の無い人生を。・*・:≡( ε:)

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ&感想

画像

1.登場人物

2.あらすじとストーリー

3.感想

※ネタバレ配慮なし

1.登場人物

監督:アンディ・ムスキエティ

ビル・デンブロウ

(2016年:ジェームズ・マカヴォイ、1989年:ジェイデン・マーテル)

2016年:ベストセラー作家。映画脚本家としても活躍。

1989年:吃音を持つ。行方不明になった弟を探す。

 ベバリー・マーシュ

(2016年:ジェシカ・チャステイン、1989年:ソフィア・リリス)

2016年:アパレルブランドを経営し、業界で成功。

1989年:二人暮らしの父に怯える日々を過ごす。

リッチ・トージア

(2016年:ビル・ヘイダー、1989年:フィン・ウォルフハード)

2016年:人気コメディアンとして活躍。

1989年:早口のお調子者。分厚い眼鏡が特徴。

マイク・ハンロン

(2016年:イデイア・ムスタファ、1989年:チョーズン・ジェイコブズ)

2016年:デリーの町に残り、事件の調査を進める。

1989年:火事で両親を失い、祖父の精肉業を手伝う。

ベン・ハンスコム

(2016年:ジェイ・ライアン、1989年:ジェレミー・レイ・テイラー)

2016年:有名建築家として成功。減量にも成功する。

1989年:太った転校生。ベバリーに想いを寄せる。

エディ・カスプブラク

(2016年:ジェームズ・ランソン、1989年:ジャック・ディラン・グレイザー)

2016年:保険会社のビジネスマン。母と似た女性と結婚。

1989年:神経過敏で喘息持ち。過保護な母に悩む。

スタンリー・ユリス

(2016年:アンディ・ビーン、1989年:ワイアット・オレフ)

2016年:会計士。愛する妻と幸せな家庭を築く。

1989年:司祭の息子。ユダヤ教の成人式を控える。

2.あらすじとストーリー

小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。

幼少時代、”それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ(負け犬)・クラブの仲間たちは、27年前に固く誓い合った<約束>を果たすために町に戻ることを決意する。

だが”それ”はより変幻自在に姿を変え、彼らを追い詰めていくのだった……。

なぜ、その町では子どもが消えるのか?

なぜ、事件は27年周期で起こるのか?

”それ”の正体と目的とは?

果たして、すべてを終わらせることはできるのか!?

(公式サイトより抜粋)

27年周期で起こる連続児童失踪事件。

27年経ち、再び失踪事件が発生した。

デリーの町に残っていたマイクはかつての友達ルーザーズ・クラブのメンバーを電話で呼び寄せる。

しかし皆恐怖し、奥さんと幸せに暮らしていたスタンリーは自ら手首を切り自殺してしまう。

そのことを知らずに集まるルーザーズ・クラブのメンバー。

中華料理店で懐かしい思い出に花を咲かせるも、ペニーワイズの話になると急に重い雰囲気に。

 更に皆で食べていたクッキーに入っていたおみくじ(?)の文字を繋げると「スタンリーは約束を守れなかった(的な文章だった気がする)」という文章に。

スタンリーの安否を確かめるために電話をかけると、奥さんから彼は自殺したことを聞く。

今度こそペニーワイズを倒すため、帰ろうとする皆を引き留めるマイク。

そしてマイクは、主人公・ビルにある民族から聞いたペニーワイズを倒す儀式を話す。なんでも数百年前から存在していた方法らしい。それには、マイクがその民族から盗んできた骨董品と、かつての思い出の品が必要らしい。各々が思い出の場所を巡り、かつてペニーワイズに襲われたことを思い出しながら、また同じように怪物に襲われながらも思い出の品を手に入れる。

マイクの指示通りに儀式を始めるが、失敗しペニーワイズに襲われる。リッチが危機に陥るも、間一髪でエディが救出する。ペニーワイズに致命傷を負わせたものの、エディが反撃に合い死亡してしまう。しかしこの機を逃さず弱っているペニーワイズに罵詈雑言を浴びせ、恐怖に打ち勝ち見事とどめを刺す。

それぞれの日常に戻る皆のもとに最初に自殺してしまったスタンリーからの手紙が届く。それは「ペニーワイズに打ち勝つには団結力が必要。しかし自分は弱いため、恐怖に負けて皆の足を引っ張ってしまう。だから自ら命を絶つ」というものだった。事件をずっと調べ続けていたマイクも新しい一歩を踏み出すため、ペニーワイズがいなくなったデリーの町から去るのであった。

3.感想

その儀式する必要ある?って思った。

結局ペニーワイズの正体は分からなかったけど、ストーリーは凄く面白かった。

襲ってくる怪物もバラエティ豊富で怖かったし、所々でリッチが笑わせにくるのがまた面白かった。

笑い所と怖い所の寒暖差が凄かった。良い意味で。

あとずっとペニーワイズが言ってた「リッチの秘密」ってエディが好きってことでいいのかな?最後、子どもの頃にリッチが掘った木に「R×E」って書いてあったし。

エディとスタンリーが死んじゃったのは残念だけど、無事ペニーワイズも倒せてハッピーエンドで良かったと思ったヾ(:3ノシヾ)ノシ

そして前作よりもグロかった。